プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
って事で昨日の演舞場昼の部レポです。
染五郎丈休演に伴う配役変更の告知板
ご存知の通り11月公演までの休演が決まった染五郎丈、
今月も大役、松王丸に挑む予定でしたが休演となり、
当初武部源蔵役だったはずの大播磨が松王に、そして源蔵が梅玉丈に変更となりました。

って事で感想に参りましょう。
演目紹介浮世絵『寺子屋』
 菅原伝授手習鑑
一、寺子屋(てらこや)
  寺入りより    いろは送りまで

歌舞伎では滅多に上演しない千代、小太郎親子の寺入りの場面から
菅秀才の身替わりとして落命した小太郎を弔ういろは送りの場面までの上演でした。
実子の犠牲を覚悟して寺子屋に入れる千代、
忠義の為に犠牲になるのを覚悟しても別れの場面で母にすがる小太郎、
この場面が物語の骨格に厚みを加えていたと思います。

そして種之助丈扮する涎くりもイタズラぶりが増してまして、
戸浪にアッツイ!なお仕置きを受けている場面では笑ってしまいましたし、
錦吾丈扮する下男三助とのやりとりもおかしみがあったように思います。

そして源蔵登場し、身替りで小太郎を斬らねばならぬ苦しい心情を吐露し、
『すまじきものは宮仕え』の名台詞、そして松王丸との対決の場面になりました。
義大夫ものゆえの『ゆるさ』ゆえ、毎回睡魔との闘いになりますが、
この二人だったのかどうかは分かりませんが、今回は目を見開いて見ていました。

源蔵が母屋裏で小太郎を斬ったとき、
その小太郎の首を菅秀才の首として検分した時に見せる一瞬の悲嘆にくれる表情にも、
通し上演なので説得力があったように思います。

ただまぁ、もっと欲を言えば梅玉丈でも何とか太刀打ち出来ているように見えましたので、
6年前の逆パターンで実兄幸四郎丈の源蔵で観たかったように思います。

今の御時世、このお話で泣けと言うのは難しいかもしれませんが、
今後も次の世代に繋がれていくと思います。
演目紹介浮世絵『河内山』その1演目紹介浮世絵『河内山』その2
天衣紛上野初花
二、河内山(こうちやま)

上州屋質見世   
松江邸広間 
   書院
   玄関先

今回も4年前同様に上州屋質見世からの上演、
ゴロツキ茶坊主の河内山が上州屋からの前金百両で寛永寺高僧に化けるという流れと、
松江候屋敷での傍若無人ぶり、玄関前で見破られてもさらに悪態をついて悠然と去っていく、
そんな流れでしたが前回の松江候は染五郎丈でして、河内山に翻弄される役どころでしたし、
逆に梅玉丈よりは夜の部出演されていた当代紀尾井町でも良かったかなと思いました。

ともあれがっぷり組み合った播磨屋と高砂屋、3000円三階B席で堪能させて頂きました。
終演後はブラック馬るこ二人会に向かいましたが、
これについては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。