プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:未分類
先々週、入稿後色々回ってきました。
台風接近もあり、日曜は予定よりも早めでしたが…。

まずはリリマジ14向け新刊納入後、9/29夜ですが、
9/29 上野BRASH入口にて
片山遼さんと遊吟のsuguruさんのソロプロジェクト、HITORIMACHIのツーマンライブに行ってきました。
遊吟自体は2年前晴れ豆で見ていましたし
7月の下北沢440でも1曲だけですが見ていましたので、
大体な感じはつかんでましたが、実際のところバンド従えてまでのライブは初めてでして、
そこらへんが楽しみにもしていました。

女性同士のリアルな心情を歌った『ハイタッチ』が秀逸でしたね。
同じクラスの二人の女の子が仲の良いふりをしつつも…、と言う心情が歌われてまして、
当然ながらライブハウスメイン層の若い女性向けのラブソング中心でしたが、
この『ハイタッチ』の世界観が他の曲の良さも引き立てていたと思いましたね。

あんまり私が2次元界隈の『向こう側の世界』に興味を示せないのは、
リアルさが全く無い100パーセント虚構の世界だから、というのもあります。
つける嘘とつけない嘘ってのがあるものでして…。

無論、そういう思想は日本でも戦前からありましたし、
陸軍中野学校 開戦前夜 [DVD]
陸軍中野学校 開戦前夜 [DVD]
角川書店 2012-06-29
売り上げランキング : 31809


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

中野学校シリーズ最終作になった『開戦前夜』でも、
国粋法学者大原教授の孫娘昌子に近付きすっかり信用させた朝鮮系抗日女スパイ一ノ瀬秋子、
昌子が秋子を『御姉様』と呼んで近付くシーンなんてのがあったくらいで、
昔からの『男子禁制』のみ的な文化があったから成り立ったと思います。
今の『向こう側の思想』の背景に何があるかは、皆さんの方が詳しいと思いますので、
私の方からは言及しないでおきますが…。

話を戻しまして、リアルさを少しでも感じる事が出来ない世界というのには私はあまり進んで触れようという気にはなれないのです。
そんな中でこういう歌、『ハイタッチ』に出会えたのは私の中では財産でした。
音源化されてるのであれば手にしてみたいですね。
そしてトリだった片山遼さん、未音源化の新曲が2.3ありまして、
詩の展開が良い意味で現代文の教科書っぽい曲が印象に残っています。
先月17日のO-WESTワンマンに行けなかったのでその雪辱は果たせたと思います。
この日はこんな感じでした。泡盛な夜。
終了後はありの先生宅へ。
私が銀座わしたSHOPで買いました泡盛を交えながら、色々お話しました。
丁度TARITARIの最終回とか、ココロコネクトの終盤の話なども見せていただきまして、
朝ドラチックな世界観(これはTARITARI)に対する考えとか、
素材を調理し映像化していく過程での台詞描写の難しさ、
(これはココロコネクト)など、色々と実になる話をしながら、
私がお邪魔したシュツエーションにしては早めにお休みさせて頂きました。
チケット(FC招待はがきを換券したものでした。)
翌日は台風迫る中でのありの先生との西武ドーム観戦、途中秋津駅前の居酒屋で昼食を頂きながらアイフォンで、
(無論舌が7.8枚ある一番偉い人のところじゃないほうです。)
その日の夜の運転状況をチェック。夕方で帰りの特急が無くなる事を知り、
この日の西武ドーム
15時半撤収を決めて向かいましたが、丁度エラーがらみでの失点のシーンに遭遇。
雑な野球だな~、と思ってましたがそれ以上に雑だったのがオリックス。
3-1になった時点で5回表裏終了時点での撤収を決意、
丁度展開もだらけて来たので迷う事無く西武ドームを後にしまして、
この日(9/30)の特急ダイヤでした。18時発最終に間に合ってセーフ。
上野に辿り着きこの日の最終18時特急に間に合って都心を何とか後に出来ました。

そしてこの記事執筆当日にCSシリーズで敗れシーズン終了となったライオンズ、
この日(9/30)もそうでしたが大味なプレーが目立ちました。
ですが、前任者の伊東さん時も末期はそういう兆候がありましたし、
過去を懐かしむあまり美化しすぎるのもどうかと思いますが、
ともあれあの頃にはもう戻れないわけで、これからを生きていくためにも、
何らかのカンフル剤が必要と考えますが…、個人的には工藤さんに期待しているとだけ、
今は書いておきましょう。

7日後のリリマジ14につきましてもちょこっと。
この日の我々のブースはこんな感じでした。
久しぶりにオフセで新刊出しまして、売上げもほぼ想定内で、
ご愛顧頂けました事を心より御礼申し上げる次第です。
この日の新刊『君と僕が好きな歌』は来月の京都にも持って行きますので宜しくです。
また今回を持ちまして、
2010年12月発行雑文集、『本当にありがとうユノなの魂!』が完売しましたのでお知らせします。
皆様が求めますユーなの、ユノなのと我々の作る作品は必ずしも方向性は一致しないかもしれませんが、
『1 on 1』『きみとぼく、わたしとあなた』の世界観にこだわって創りたいと思いますので
今後ともよしなにご贔屓の程、宜しく御願い致します。
って事でリリマジ14終了後は大塚ハーツプラス、
フジタマコトさん率います再結成のISSUEを観に向かいましたが、
これにつきましては次項にて…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ