プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
鈴本入口にて
って事で先週日曜の鈴本演芸場レポです。
この日の西武ドーム
この日も昼は西武ドーム、正直この日で1STステージが終わると思ってましたが、
武田投手も人の子だったって事が全てと思いました。
ネットメインのLファンはしばし呟く雑な野球になった云々ありますが、
(ツイートでハッシュダグ検索すると昔気質?の陰気な人も混じって出てきますが…ゲフンゲフン。)
少なくとも打撃走塁面においては伝統が生かされていると思いました。
中島選手の中盤での送りバントん時、そう思った次第です。
この日は9回表涌井投手登板時に撤収しました。
って事で昨日よりも少し遅れて球場を後にして鈴本へ。

到着時は仙三郎社中の大神楽でして、
まず印象に残ったのは伊藤夢葉師の奇術でした。
終盤のトランプ奇術は定番の失敗ギミックとトークを徐々に推し進め、
最後にキッチリ〆るという定番の展開でしたね。

そして春風亭百栄師も印象に残りました。
『ももえ』にまつわるマクラから本噺へ。
師の新作落語代表作のひとつ、『誘拐家族』が聴けようとは。
お見事!また観てみたい人が出来ました。すっごい若いですし、あれで齢50だとはコレも驚きでした。

あとは正朝師の丁寧な情景描写の『目黒のさんま』、
圓太郎師の浅野忠信に似てる?と言われたくすぐりを入れた尾張紀州将軍宣下ネタの古典落語、『きしゅう』
時間調整の関係上4個だけでしたが正楽師の紙切りも印象的でした。

そしてトリは正雀師、待ちに待った道具噺『鰍沢』でした。

噺の筋はWIKI等で予習済でしたが、一番のワルはお熊でして、
毒殺して有り金全てを奪おうという画策と、それが仇になって夫を窮地に陥れる事となり、
終盤での旅人を鉄砲で追い掛ける場面の緊迫感は伝わって来ましたね…。

去年8月以来、一年ぶりの道具噺でしたがやはりこの場に立ち会う価値はあったと思いました。

大ラスは弟子彦丸さんとの『かっぽれ』、
私の夢、正雀師の2代目彦六、彦丸さんの(3代目?)正雀襲名なんですが、
それが少しでも早まるようになればと思いながら見ていました…。

って事で先週の土日遠征は幕、今週末は大人しくキーに向かうようにします。
ってもこれからいわき、いわき街なかコンサートに行って来ますが…。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ