プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇
国立劇場大劇場入口付近設置看板にて
って事で先ほど国立劇場10月公演千秋楽に行ってきました。
くろごちゃん ぐんまちゃん お出迎えの巻
元々はこれから向かう春夏秋冬だったんですが昼間何か観れるものはないかと調べて、
先月初め以来の歌舞伎鑑賞と相成りました。

早速感想に参りましょう。
タイムテーブル
江戸時代の豪商、塩原太助の一代記を近代落語の祖、三遊亭円朝が脚色したものが
速記本を経て歌舞伎でも上演されるようになり、
昭和、戦後に入ってからは上演回数も減っていましたが
この度、約50年ぶりに復活上演となりました。

実直な青年主人公多助が継母やその愛人にいびられながらも耐え、
商いで成功し出世していく姿は、
在学中、福島地上派で視た『あかんたれ』を彷彿させるものでした。
それ以外でも『おしん』や往年の大映テレビアイドルシリーズなど、
最近ではあまり見られませんが定番モノのひとつでもあります。

三津五郎丈、年齢的にも若干ながら『逆方向の都合上18歳』は否ませんでしたが、
好青年塩原多助になっていたと思います。
悪役の道連れ小平に扮していた時の方が楽しんでいるようにも見えましたけど、
ここらへんは深入りしないほうが楽しめましたしつとめてそうして観ていました。

橋之助丈は久しぶりに二役目で久しぶりに女形になってましたが、
女形ぶりを観て思いますに、やはり昨年逝去されたご実父芝翫丈を
彷彿させるものがありました。

三津五郎丈御子息巳之助丈、今回はベテランに囲まれていい経験をしていたと思います。

終盤での実父塩原角右衛門との悲劇の再会シーンでは、
三津五郎丈、東蔵丈、團蔵丈の演じぶりに唸らされました。
三人とも役の性根を掴みきっており、ステージの上でそれぞれの立場からの『泣き』に徹していたと思いました。
この3人の姿を観て、元は取れたと思いましたね。

全体的にコミカルなシーンが逆に印象になりがちでしたが、
バランスは取れていたと思います。

大和屋一門主体での公演は中々ありませんが、
この陣容と内容ならまた何らかの形で観てみたいと思いましたね。
もし来年も国立でやるのであれば大和屋定番の舞踊劇と、
『つばくろは帰る』の再演、なんてのはありかなとひとり妄想を巡らせる新宿某所です。
そういえば今回小吉丈出ていませんでしたが、
時期的(高校1年?)に学業優先なのかもしれませんし、期待して待ちたいものです。

って事でこれから徒歩(笑)で真昼に行って来ます!
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ