プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
DATE: CATEGORY:舞台・演劇
京都南座入口
って事で先週土曜の京都南座レポです。
神明町駅
神明町から天王寺、
京阪京橋駅にて
そこから京橋経由で祇園四条へ、
出雲阿国歌舞伎発祥の碑入口付近設置看板(滝の白糸・麦秋)
ついに念願の南座観劇となりました。

早速感想に参りましょう。

滝の白糸
明治初期の北陸地方、
女芸人滝の白糸と苦学生村越欣弥の悲恋物語、
終盤の白糸と欣弥の心理描写が踏み込まれなかったのが違和感ありましたが、
明治の戯曲ですし、原作どおりの上演ならばこれも已む無しかなと思いました。
特筆すべきはやはり主演滝の白糸に扮した春猿丈
ブラック師匠が以前『コピーが出来るというのは耳が良いのだ。』と春猿丈評していた通り、
センスの良さが光る白糸でした。
コピーする、というのもセンスが問われますし、
ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさ
ALL BECAUSE OF YOU GUYS-すべて君たちのせいさジョン・レノン TULIP

ビクターエンタテインメント 2007-05-30
売り上げランキング : 437238


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

上記ビートルズコピーアルバムでのTULIPでのヒアアンドゼアエブリウェアのように、
本家に迫るレベル、もしくは聴いている、観ている人を唸らせるもので無いといかんと思いますし。

私の場合、伝説となったキングスロードの2006年後楽園大会も観に行ってますし、
コピーするにしてもセンスが必要、というのは身に染みて分かっているつもりですので。

あとは、悪役の南京寅吉に扮した月乃助丈
イケメンで歌舞伎でも善玉役が多く、こなせるかなと考えて居ましたが
中々の憎憎しい悪役ぶりでした。
先月三越劇場での『葛西橋』でも、堕落したダメ男ぶりが好評だったとの事で、
流石は猿翁丈のお弟子さんだけの事はあると思います。
正月も三越劇場公演との事でこちらも期待大です。

麥秋

小津作品の傑作を山田洋次監督が演出し舞台化したもので、

麦秋 [DVD]
麦秋 [DVD]
コスモコンテンツ 2011-02-26
売り上げランキング : 22642


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

小津安二郎大全集 (DVD 9枚組) BCP-027
小津安二郎大全集 (DVD 9枚組) BCP-027
株式会社コスミック出版 2012-04-08
売り上げランキング : 1502


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

私はおさらいでしたが映画版も観て予習を済ませておきました。
買ったのは2番目の方でして、他作品も随時視て行こうと考えてます。
演出用小道具
話を戻しましてどこをどう変えたか、に焦点を置いて観る事が出来たと思います。
映画ですので場面は何度も変わりましたが舞台では全て同じ場面、
登場人物も総数を減らさないといけません。
ここで名匠山田洋次の底力を見たように思います。

まず、間宮紀子と結婚する矢部謙吉の職業が映画での医者(間宮康一と同僚)から新聞記者に、
また、中盤での紀子とその友人二人の未婚者と、これまた友人で既婚者の4人が
幸福について語り合うシーンはそのまま矢部家に持ち込まれ、
既婚者サイト4人目の役割を、波野久里子丈扮する間宮史子が受け持っていたのが印象的でした。
またコミカルなシーンは寅さんシリーズからの世界観そのものだったように思います。
客席で唸らされ続けでした。
ラストシーンも戦地からの次男帰還を信じ続ける2代目水谷八重子丈扮する間宮志げのシーンとなり、
もうとっくの昔に無くなってしまった『戦後』の姿を客席から観る事が出来たように思います。

ただまぁ、動員的には3階席がかなり苦戦してましたし、
対世間でのアピールにもうひとつふたつ工夫が居るかなと思ったのも事実です。
生き残っていくための努力ってのも当然必要ですからね…。
茨木界隈にて
この後は一旦茨木の安宿に入り、10年来の友人小田原あのさあさんと、
1年ぶりの再会を祝しつつ色々と話し込んでました。
噺家、落語歴では大先輩にもあたりますので、
来年は再び落語がらみで何かご一緒出来ればと思います。

次記事は久しぶりに遠征記をしたためようと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。