プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の三連戦まずは朝の部から、


この日も18きっぷでの上京、


上野からは徒歩で御徒町、御徒町から秋葉原まで再度電車、秋葉原から徒歩で日本橋亭へ。


待機列中に松之丞さんから成金本を購入。
そして開場開演となりました。って事で感想に参りましょう。


松之丞さんは大高源吾、春陽先生は網代問答でしたが、
大高源吾では話のキーポイントでもある殿様、松浦候と土屋候が
討ち入り前と討ち入り後にパート分担と言う形でどちらも登場していたのが印象に残りました。
そして春陽先生は徳川天一坊から終盤の山内伊賀対大岡越前の攻防の場でしたが、
山内伊賀が越前を論陣で討ち破った見せ場十分の話でもありました。


終演後はお二方に挨拶しまして第二戦の場歌舞伎座に向かいましたが、
これについては次項にて…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の国立劇場レポです。


昨日は親のお使いなどもあり4時起きで5時台の鈍行列車で都心入り。


8時半時点で先にも6人も並んでまして、その後の注文でも数量多かったせいか
時間もかなりかかってしまい、その後の南千住ヤマト営業所、そして某宿の荷物預けにも
影響が出て開演時間に間に合いませんでした。
って事で感想に参りましょう。



八段目   道行旅路の嫁入
着いた時は終盤でしたが期待通りの戸無瀬と小浪の親子でした。



九段目   山科閑居の場
この中ですと格負けしないかと思っていました笑也丈、そして児太郎丈の奮闘が光りました。
特に研修所出身の笑也丈は思い出の国立で由良之助妻お石として光り輝いていたと思います。



十段目   天川屋義平内の場
上演回数の少ない十段目、その中で歌六丈の存在感、凄み、圧巻の義平でした。



十一段目 高家表門討入りの場 ~ 花水橋引揚げの場
そして討ち入り、これもまた上演回数の少ない広間の場の上演や、
おなじみ小林平八郎と竹森喜多八の斬り合いの場面などの後、
ついに師直討取り、引き上げのシーンとなりました。

高砂屋さんすなわち梅玉丈、忠臣蔵では塩谷判官が持ち役ともなっていた感じでしたが、
第3部ではほぼ通しの由良之助、中々様になっていたと思います。

こういう形で歌舞伎役者の底力を思い知る事となった次第です。





さて、この後は久しぶりに真昼に向かいましたが、これにつきましては次項にて…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で遅れましたが先週土曜夜のブラック師匠の会レポです。
この日年一度の1000円デーと言う事もあり超満員、
ブラック師匠も長講、梅若礼三郎を用意されてまして、大勝負の感アリアリでした。
って事で感想に参りましょう。


後で調べましたが最初の噺は『三十石』でして、二つめは、古典落語の代表作のひとつ『看板のピン』、
そして、実質メインの長講、『梅若礼三郎』、
くすぐりは無論ブラック師匠そのものでしたが、それ以上に噺の本筋、
多数の登場人物を演じ分けられていたように思います。


またも広小路亭でブラック師匠の噺家の意地とプライドを見たように思えました。
トリはブラ坊さんで、『現状報告』と『味噌豆』の改造版でした。


去年二つ目昇進しましたブラ坊さん、今後も注目を浴びる存在になって頂きたいものです。

この後は鉄路で都心を後にしました。
次回状況は来週以降になりそうですが、またあちこり観て回りたいと思っています。
歌舞伎多めになるかも…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日のJACROWレポです。


この日は鉄路でまず神保町入り。


あらかじめ時間逆算して行ける事が分かっていたので、


1時間20分並んでの小ヤサイマシマシニンニクマシマシを頂きました。
この後実況ツイはしませんでしたが神保町二郎からSPACE雑遊まで徒歩で向かいまして、
その途中、新宿の例の場所を通りかかりましたが、私的には歌舞伎町の中にあるのかと思ってましたが、
そのまんま、3丁目と1丁目の間にあったんですね。正午過ぎと言うあの界隈では完全にオフの時間帯、
殆ど人の気配を感じませんでした。って事でSPACE雑遊に到着し、開演を待ちました。
って事で感想に参りましょう。


田中角栄若かりし日の自民内でのし上がっていく過程を描いたもので、
岸、池田、佐藤栄の各派閥の中でのやりとり、腹の探り合いと、
佐藤派に入る事を選び、盟友でもあり池田派の番頭格だった大平正芳と決別して、
そして30代であるにも関わらず大臣に抜擢される流れでした。
登場する政治家皆それぞれ表と裏、タテマエと本音があり、
義兄弟的な付き合いだった大平正芳を除いては角栄をどう利用するかという点に専心していた、
という描き方だったように思います。


私の場合、有罪判決を受け政治生命を事実上絶たれてからの隠しカメラでの支援者への演説映像と、
病に倒れてからの派閥を乗っ取られてさらに政治家としての力を失っていく有様、
逝去後のかつての弟子を葬儀に出席させなかった様を覚えていたので、
終盤の大平正芳の台詞、『君もいつかは裏切られる…』
確かにそうなったなと思いつつ大臣抜擢と凱旋演説の幕切れを観ていました。
そして妾さんもまた本妻さんとの折り合いが悪化し、
断絶状態になっていた事も知ってましたので、尚更そう思った次第です。


アフターミーティングにも参加しまして、中村暢明さん、谷仲恵輔さん、鍋島久美子さん、蒻崎今日子さん、JACROWの皆さんとの、
客席も含めての『ややリアタイ後くらい』の角栄論、のようなトークをしたように思います。
アフターミーティング後に狩野さんに挨拶、感想等をお話しまして、
次の目的地上野広小路亭に向かいました。

正直なところ、『弟』の『文字の大きな本(谷仲さん風)』含めた昨今の角栄礼賛には正直食傷気味でした。
バラ撒き、そして元の取れないハコモノ、あとは一時期キングメーカーだった『孫弟子』の『悪行』を
例に見ても分かる通りの『大陸』への姿勢などの負の側面、
あんなに叩いていた料亭政治や大言壮語ぶりを懐かしむのはいくら何でもと言う感じで。
ですが、角栄、角さんもまた、ノムさんこと野村克也氏や家元こと立川談志師匠同様、
学歴とは別の意味での『昭和の天才』『昭和のカリスマ』だったんだなと思いました。
あの時代だからこそ成り立ったもので今ではもう思い出でしかないのではと。

これだけ政治的に激動が続いて、社会的にも問題が山積みしているのに、
投票率が低迷したままなのがまさにそれを現しているのではと。
そして与野党ともに固定票の確保、取り合いに躍起になっていて、
与野党共にむしろ浮動票は要らないと言わんばかりの姿勢も気になります。
そういえば固定票、票田というやり口も角栄フィソロフィーのひとつでしたね…。

そしてこの後はそんな昭和のカリスマの一人、立川談志師匠の弟子のひとりでもあります、
快楽亭ブラック師匠の毒演会に向かいましたが、これにつきましては次項にて…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の昼正午開催の黒門亭レポです。
この日は開演前1時間前に黒門亭入り。この時点で10人以上列出来てまして
やはりなと思いました。5年前10分前に会場着いた時点で札止めだった事もあり、


その時のリベンジの意味合いもありましたがともあれ黒門亭では定位置としてます、
後方窓側に陣取る事が出来ました。って事で感想に参りましょう。







演目:あおば「道灌」
    時蔵「粗忽の釘」
    仲入り
    正雀「牡丹灯籠 関口屋〜仇討」
と、なりましたが、あおばさんの「道灌」、
私が観てきた前座さんの噺の中では高水準に位置するものでした。
そして時蔵師もマクラから本噺まで中々の巧者ぶりを魅せるものでして、
そしてトリは長講の牡丹灯籠、後半の仇討、無論円朝モノ定番の因果を巡らせたストーリーでもありましたが、
至芸にシビれた時間でもありました。
私さとうの場合、はじめての牡丹灯篭が07年の歌舞伎座仁左玉コンビでの牡丹灯篭だったので、

シネマ歌舞伎にもなっている07年仁左玉歌舞伎バージョンが原作に手を加えている事も、
あらためて知ることが出来たと思う次第です。
って事でこの後は神保町経由で新宿に向かいましたが、
これにつきましては次項にて…。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ