プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で私さとうの年末年始伝統芸能総まとめです。
先月25日は昼夜連戦でしたが、昼は年末鈴本恒例の当代馬生一門によります鹿芝居を見てきました。




馬生一門に加え、世のさま、菊春師、馬楽師、正雀彦丸師弟コンビと芸達者揃いの陣容でしたので、
安心して観ていられました。


そういえば当代馬生師一門との事でしたが私の中では一門の興行に出てきたのを見た事がありません。
色々憶測はあるようですが、私の場合は基本様子見ですし、
この後述べます成金勢の対極にあたる存在だったとしましてもれはそれかなと思います。


この後は銀座方面に向かい歌舞伎座へ。12月大歌舞伎夜の部を観てきました。




玉三郎丈の美へのこだわり、思い入れを見る事が出来たと思います。
五人道成寺もいつかシネマ歌舞伎化されるかもしれませんね…。


C91関連での上京中、念願の成金遠征も行ってました。




店自体は普通のCD屋さんレベルでしたが、スタッフルームまで開放しての客入りの数と、
世代層に偏らない客層の幅広さに、
自分達でモメンタムを、ムーブメントを起こす事の大切さをあらためて学んだように思いました。
一昨年と去年と大会場での興行成功、そして地方公演での盛況ぶり、
『ブーム』ではない『当たり前としての』伝統芸能のスタンダード、
復権への道を拓いている集団の中のひとつだとあらためて思った次第です。
翌日は大晦日、私さとうはC91サークル参加だったため、朝6時起き、7時には宿を出るプランだったので、
トリのA太郎さんが、
『ちょっとあんた、商い行っておくれよ…。』と演りはじめた時、
『うわぁ、芝浜だ~。』と思ってしまいましたが、初ライブとしての『芝浜』、
(音源としては2代目三木助師と御存知家元談志師を購入し聴いてました)
好印象だったと言う事も付け加えておきます。


年明け三日は昼夜連戦で浅草公会堂新春浅草歌舞伎観戦してました。






第一部では壱太郎丈、巳之助丈に加え、松也丈のやる気、思い入れを強く感じました。




安易な『話題作り』だけではなく、歌舞伎役者としての『松助』への道があるのだと思いますし、
いい傾向だと思いたいです。








夜の部でも(壱太郎丈は2017年1月歌舞伎座夜の部に出演していた為不在。)松也丈の意気込みと、
錦之助丈隼人丈父子の存在感と収穫は沢山ありました。
無論巳之助丈も年賀挨拶含め大活躍でありましたが。


そして先週土曜、シネマ歌舞伎『阿古屋』を観てきました。





ここでもまた、玉三郎丈の『美』への思い入れ、こだわりを見る事が出来たと思います。


今後は東銀座東劇中心での上映になっていきそうですが、
興味と価格(2100円)に理解を示されるのであれば観ておいて損はないと考えている次第です。

本記事ようやっと書き上がりましたが、
今夜は先週土日ライブ連戦記事とと年末年始遠征レポ記事をしたためようと考えております。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で三戦目、新橋演舞場レポです。


舟木さんの毎年恒例の演舞場公演、今年は笹野さん里見さんと言う強力な援軍登場もあり、
早めに楽日チケを確保し念願の舟木ワールド初体感となりました。
って事で感想に参りましょう。


『華の天保六花撰』
  一、どうせ散るなら
舟木さんが金子市之丞、笹野さんが河内山、
そして家斉政権下の黒幕的存在、中野石翁に里見さんと言う布陣、
コミカルなところはGDGD、アドリブも決めて徹底的に笑わせ、
シリアスなところは徹底的に泣かせる技法に唸らされました。
最後の時代劇スターと言っていいであろう里見さんが序盤のコミカル的な場面で
共におちゃらけて魅せたのが印象的でした。


二、シアターコンサート
    《昼・夜別構成》
中盤での銭形平次のテーマの際に出演者もステージ上へ。
カラーボールを投げ入れたりの同時パフォ進行後里見さんだけ残り、
水戸黄門テーマを舟木さんとセッション、お二方とも魅力的なテノールボイスでして、
今年舟木さんは美空ひばりナンバーを歌われるコンサート開催されたようですが、
最近のヒットナンバーを歌われるコンサートもあっていいのではと思った次第です。

何よりもコンサート前にファンからのプレゼントを自らの手で受け取り、
コンサートの際はステージ上に提示しての歌唱、
ファンを大切にしている姿勢は三階席に布陣した門外漢の私でも感じる事が出来たと思います。

終演後の出待ち列でも舟木ギャル、舟木女子の皆さんの熱さをあらためて感じましたが、
あくまでステージとその周辺だけでの様であり、プライベートにはあまり立ち入らない様にも感心しています。
最近ですと女性タレント、役者さん声優さんでの『ぼっち』、『弟』などの所謂『営業』行為が目につきますが、
男性タレント、俳優さんでも『営業』行為が目についてしまってますので、
60年代、70年代前半のアイドルとそのファンの有様に、
私の中でのアイドルとアイドルファンとしてのあるべき姿を見れたように思いました。


終演後はひさしぶりにありの先生宅へ。
秋アニメ終盤やプライムビデオを見ながらのダレヤメでして、


月形黄門のケンシロウぶりや、錦兄いの武蔵等を観まして、
最後は秋アニメのとある話題作を観ましたがあまりのアレっぷりに、
『え?何、コレは…』な気持ちになってしまいました。
公式でアレは私的にはタップな感じでしたが、これも時代の流れかと思うようにしています…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で第二戦歌舞伎座です。
講談会終演後すぐでの歌舞伎座でしたが移動ギリギリ間に合いました。
って事で感想に参りましょう。





新作歌舞伎 あらしのよるに

京都南座での初演好評でいよいよ歌舞伎座上陸を果たしました話題作、
メリハリの効いた良作でした。
歌舞伎らしさを強調するために(原作者サイドとも話は無論つけておられるようですが)、
狼一族側に文字通りの一匹オオカミキャラや長老おばばキャラを投入したり、
狼側の際は義太夫、山羊側の場合は通常の歌舞伎音楽の伴奏を入れたりと言う
視覚聴覚的にも分かりやすいやり方を導入、終盤での悪キャラ狼ぎろ悪態の場では
義太夫中心での展開にするなど歌舞伎らしさを全面に押し出した形となっていたかと思います。
そして狼側主人公がぶには獅童丈、山羊側主人公めいには松也丈と言う、
梨園傍流似た者同士的なコンビでの息のあった動きも印象に残りました。
獅童丈がやりたい事と、そして平日でも三階席完売と言う好調な動員ぶりと言う、
結果も重なっている事の要因を感じる事が出来たと思いました。


そして狼側悪サイドの主従コンビにも光るものがあった事を付け加えておきます。
って事でこの後は新橋演舞場に向かいましたが、これにつきましては次項にて…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の三連戦まずは朝の部から、


この日も18きっぷでの上京、


上野からは徒歩で御徒町、御徒町から秋葉原まで再度電車、秋葉原から徒歩で日本橋亭へ。


待機列中に松之丞さんから成金本を購入。
そして開場開演となりました。って事で感想に参りましょう。


松之丞さんは大高源吾、春陽先生は網代問答でしたが、
大高源吾では話のキーポイントでもある殿様、松浦候と土屋候が
討ち入り前と討ち入り後にパート分担と言う形でどちらも登場していたのが印象に残りました。
そして春陽先生は徳川天一坊から終盤の山内伊賀対大岡越前の攻防の場でしたが、
山内伊賀が越前を論陣で討ち破った見せ場十分の話でもありました。


終演後はお二方に挨拶しまして第二戦の場歌舞伎座に向かいましたが、
これについては次項にて…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の国立劇場レポです。


昨日は親のお使いなどもあり4時起きで5時台の鈍行列車で都心入り。


8時半時点で先にも6人も並んでまして、その後の注文でも数量多かったせいか
時間もかなりかかってしまい、その後の南千住ヤマト営業所、そして某宿の荷物預けにも
影響が出て開演時間に間に合いませんでした。
って事で感想に参りましょう。



八段目   道行旅路の嫁入
着いた時は終盤でしたが期待通りの戸無瀬と小浪の親子でした。



九段目   山科閑居の場
この中ですと格負けしないかと思っていました笑也丈、そして児太郎丈の奮闘が光りました。
特に研修所出身の笑也丈は思い出の国立で由良之助妻お石として光り輝いていたと思います。



十段目   天川屋義平内の場
上演回数の少ない十段目、その中で歌六丈の存在感、凄み、圧巻の義平でした。



十一段目 高家表門討入りの場 ~ 花水橋引揚げの場
そして討ち入り、これもまた上演回数の少ない広間の場の上演や、
おなじみ小林平八郎と竹森喜多八の斬り合いの場面などの後、
ついに師直討取り、引き上げのシーンとなりました。

高砂屋さんすなわち梅玉丈、忠臣蔵では塩谷判官が持ち役ともなっていた感じでしたが、
第3部ではほぼ通しの由良之助、中々様になっていたと思います。

こういう形で歌舞伎役者の底力を思い知る事となった次第です。





さて、この後は久しぶりに真昼に向かいましたが、これにつきましては次項にて…。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ