プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日の恵比寿club aim レポです。


昨日は有明にて挨拶周り等の後恵比寿へ。


16時合流で吞み会、この日はこの後の事もあり軽めに飲み食いしてからaimの人となりました。
って事で感想に参りましょう。


俺だってコワイんだZ
今回がZとしての始動ライブ。一番聴きたかった、

『夢の終わり』が観れたのも私的にはラッキーでした。
終演後雅奥さんのソロ音源『馬』『鹿』を購入。



aobahitori
作曲家としての姿もクローズアップされていますが、
歌い手としての姿が当然ステージにはある訳でして、
いつものひとり師匠がそこに居られたように思います。



hi-cube-junction
こちらも11月発表の新曲やそして僕は仁を知るのカバーなど盛り沢山でした。



puff noide
私的には4年ぶりだったパフノイド、その時同様の力強い世界がそこにあったように思います。

この頃から私さとう睡眠不足疲労から何度かウトウトしてましてヤバいと思いましたが、
何とかトリまで見届けようと思っていました。



in state
熱く激しく温かいin stateの世界が私のライブ収めともなりました。
ワンマンライブ時から発生しています拳突き上げポーズやら来年の予言MCやらと続き、
アンコールのそして僕は仁を知るまでの40分弱の時間帯は、
私の疲れもかなり吹き飛んでくれたと思っています。


終演後も混雑してたのと、先述の疲労蓄積も重なり早めに会場を後にしまして、
入口付近におられました俺コワZしんいちろうさんに挨拶しまして宿への帰路となりました。

来年も熱く激しく温かいin stateの世界と可能なだけ向き合う事が出来ればと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週日曜ナイトスターリリーバンドワンマンレポです。



延長オプション500円を支払い、正午前まで滞在した定宿で溜まっていたブログ記事をこしらえ、
まずは徒歩で御徒町まで。そこから有楽町に向かい、


銀座熊本館にて球磨焼酎を購入、そこから京橋まで戻り土日回数券を購入し渋谷経由で代官山を目指しました。




開場待ちの間、代官山界隈で時間調整、毎度毎度のアウェイ感ですが、
ここでの目に入ってくるものが私の場合文章書きの際のヒントになるので、
それはそれで大事な機会と思っています。


そしてかなり後の方になりましたが入場、開演を待ちました。

って事で感想に参りましょう。






KSL名義での曲だけなく、それぞれのソロ、祐也さんはサザーランド時代の曲も交えてのセトリ、
コーラス・ハーモニーがパワーアップしておりまして、
特にアマリリス前のsilent movie(サザーランド時代の曲ですね)が私的にはかなりグッと来ました。
これならば、遼さんの去年の音源、Good morning,Don't worry!!内のA.M.もKSLでやったら、
とてつもないものが観れるんじゃ無いかなと思っています。




それぞれのソロ活動経由でのファンで満員でしたが、LOOPレベルでのハコに収まらないレベルでライブ出来るはずの
実力を持った二人ですし、確実にステップアップしていくKSLを今後も観続けていきたいと思っています。
私的には橋口さん村中さん達wacciとの真っ向勝負ツーマンが観てみたいですね…。
あと、


来月の遼さんのバンドワンマンチケ確保しましたしこちらも当然期待しています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で昨日の真昼レポです。
到着時点で18時すぎ、入口付近に居ましたてっぺいさんに挨拶しまして、
早速客席ゾーンに入りました。って事で感想に参りましょう。



平原謙吾さん
途中からの三曲でしたが、久しぶりにインスピレーションを感じました。
終演後音源も購入しています。



あのQUINTET
コーラス精度の高さと終盤の一発ギャグのウルトラブリザードぶりが凄まじかったです。



ドキュメンツ
客席の雰囲気がガラリと変わったように思います。
あと、主催バンド全メンバーが最前列に居た事も差し加えても、
男性ファンが多いように見えたのも好材料でした。



ヒゲとボイン
定番?の下ネタ噺もさることながら、『アイドルソング』の強烈さも印象大でした。



CokeColor,DearSummer
主催バンドでもありましたCokeColor,DearSummer、精度高いポップソングの世界でした。
またもヒゲボ同様アイドルソングへの野望も感じましたし。


って事で全て終演。てっぺいさんに挨拶しまして真昼を後にしまして、
最近の定宿である南千住界隈に入り夜を越し今キーを打っているところです。
あと2週足らずで終わる今年、私も諸事駆け抜けて行きたいと思いますね…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週土曜のpsalmワンマンレポです。




この日は色々用事を済ませてから渋谷へ。


物販にて音源購入の後入場列に入りそのまま客席へ、
開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。
ここまでの定番を中心とした曲から、観客を交えてのコールレスポンス、
そしてじっくり聴かせる曲など、サームの今時点での姿を見れたなと思っています。
そして終盤に入り、アンコールの際に、


あらためてモリマツさん卒業の旨告知と、
メンバーからの挨拶がありまして、皆涙ぐみながらの報告、
特にモリマツさんハマさんはほぼ泣いておられたように思います。
こういう形での別れも私は客席から何度か見ていました。
色々思う事はありますがここではふれず、モリマツさん、
そして年明けには3人になるサームのこれから幸い多かれと願うのみです。

そしてダブルアンコールの大ラスは『あした天気になあれ』でした。


私が9年前、新宿駅南口で偶然聴きました『虹の言葉』に魅了されてからの事を思い出していました。
(諸事情で記事直リンクはしませんが記事検索すれば上記含めかなり出てくるはずです。)
かなり足しげく通った方かなと思っています。
「いつか」があるから、「またね」にしよう、
「いつか」、「またね」がある日がくれば当然駆けつけたいですし、
モリマツさんとサーム、それぞれのこれからも機会見つけて何らかの形で見届けたいと思っています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週木曜のin stateワンマンレポです。


私さとう、この日は前々から調整も進めておりまして、




夕方には都心入り。
早めに会場入りし物販等購入の上開演を待ちました。


って事で感想に参りましょう。
タイトルの「1/1082」とはin stateが始動してからの日数が分母の1082、
そして1がこの日12月8日だったとの事です。


ちなみに私、in state初日?ライブは観に行ってました。


ほぼ現時点での全曲演奏されまして、
私もラウド時代から美樹生さん達の事を思い出しながら観ていました。
今が一番で最高なんだな、一番で最高にするとはこういう事なんだろうなと思いながら。
客席ゾーン後方には大山さん青葉師匠雅奥さんなどそうそうたる方々が居られたように思います。


終演後美樹生さんに挨拶、感想などを伺いましてaimを後にし、
入口付近に居られました雅奥さんにも挨拶しまして東京八重洲に向かい、
高速バスの人となり何度目かの特攻遠征の幕となった次第です。


確かに私も年を重ねて以前のように出来なくなる事も増えましたけど、
それでも美樹生さん達と同じようにはいかないかもしれませんが、
憧れに手を伸ばし続けたいと思っています。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ