プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で一昨年の水戸岐阜レポです。




この日はアニサカデーでもあり色々コラボグッズも販売されていまして完売品もあったようです。
って事で感想に参りましょう。






前半三島選手のゴールで先制したもののアディショナルタイムでソンジュフン選手が負傷、






ジュフン選手はそのまま前半で交替となってしまいました。
ジュフン選手の身長と当たり強さに頼っていた部分もかなりあったので、
不安だった水戸守備陣でもありましたが、福井選手も何とか機能してまして、
後半リードを許しているはずの岐阜側が、
後方でパス回しをしているシーンが見られるようになった後半15分過ぎ、
今日はこのままいけそうかなと思うようになっていた私さとうでした。


そして勝利。今のチーム状態なら中位クラスの相手なら、
何とか戦えるところまで来ているのはと思いましたね。


月初め、松本反町監督に払う羽目になった『授業料』が、
こういう形で生きるのならそれはそれで価値のあるものかもしれません。
今週来週の結果次第では来月18きっぷ往復でアルウィン詣でも考えている私さとうです…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で昨日のコボスタレポです。




某地を始発で出て2番目のいわき発仙台行きバスに乗り、




定宿から球場を目指しました。


丁度ビールと肉のイベントが開催されてまして、私も色々頂きました。


そしてビジター席入場となりました。




練習風景や、









観覧車に乗ったりしてました。って事で感想に参りましょう。






エラーで傷口を広げ長打を食らうと言ういつもの展開。
今の現状を招いている病理の深さをあらためて思い知った次第です。


そして終盤の失点…。



終盤の2点もあまり意味を成さず敗戦。



宿近くの利久で晩飯の後、強行軍もたたったのかそのまま寝たり起きたりを繰り返し
朝風呂の後今キーを打っている7時半前です。


空は思ったよりも明るいので今日(7/3)も何とか試合を観ていきたいと思っています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で2週前ですが札幌戦(その後の2試合分所感含みます)レポです。




この日は特にアウェイ席の売り上げも好調で、水戸もまぁまぁの好調を維持していたので、
札幌有利の予想が大勢でしたが好ゲームも期待されていました。
って事で感想に参りましょう。





序盤は水戸も攻めていた感じもありましたが、危ないシーンの多さは気になりました。
この展開も何度か観ていた定番のパターンのひとつでしたので心配していましたが…。


後半マークミスでフリーにしてしまった札幌内村選手に決められてそのまま敗戦。
ツイートではしてませんでしたが親子連れのお子さんの方がこうも言っていたのです。
『もう帰る~?』
確かにあの後の事を考えれば予想は当たっても居ましたが私もその親子連れも最後まで居ましたが、
私も親子連れも最後の笛が鳴った瞬間に席を立ったように思います。
残留争いもまだまだ余談を許さない状況でもありますので『善戦』すればいい状況でもないんですけどね…。
そして翌週は柏代替開催の熊本戦でした。

この時私は別予定で違うとこに向かうのが決まっていたので、ハイライトでのみの感想ですが、
こういう状況で相手に勝ち点3をあげてしまうのが水戸でもありましたが、
ここでキッチリ逆に勝ち点3を取れたのは大きいと思いました。
そして熊本の戦いぶり、震災の影響を露骨なまでに受け続けてチームとしてのコンディション調整も思うようにならない中での
すべてをかなぐり捨ててでも勝ち点1、そしてあわよくば3を狙う地を這うような泥臭いサッカーを魅せてくれました。
そんな熊本に勝てたのは大きかったと思います。
そして、先週は、

讃岐と引き分け、週末は前節群馬を8-0で葬った好調清水との戦いが待っています。
今まで2度強豪(C大阪と札幌)相手に『善戦』するも敗れると言うパターンを繰り返していますので、
今度は先々週の熊本が水戸相手に見せたような、
全てをかなぐり捨ててでも勝ち点1を取りに行く姿勢を見せて頂きたいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で一昨日の水戸レポです。


客入りが早いペースで進んでいる事もあり、私も早めに出たつもりでしたが植物公園内駐車場は
着いた時点で満車状態で清掃処理場駐車場に回されました。


定位置のややアウェイよりゾーンも埋まりが非常に早く、


開幕戦の大台超えもあるんじゃないかなと言う思いを感じていました。


って事で感想に参りましょう。







ほぼ押されっぱなしの展開で、何とか守り通していましたが、共に、


芝に足を取られるシーンが目立ち、バタバタしてましたが、
前半ロスタイム、伸びきっていた水戸ラインの穴を突くかのようなC大阪キム選手のゴールキックから、
柿谷選手へボールが行きそのまま持ち込まれると言う展開、


後半もほぼ押される状態での展開、わずかにチャンスを作るも、






C大阪GKキム選手、ボランチのソウダ選手にことごとくチャンスの芽を潰され、




そのまま0-1で敗戦、


負け方としては一昨年の神戸戦よりは良かったかなと思いますし、
キム選手、柿谷選手という世界を相手にしてきた選手の無双感ってものも味わえたから、
一見さん達も満足して帰って行ったのではと思います。
例え引き分け、勝ちに持ち込めたとしてもお客さんが劇的に増えるか、と言われても
おそらくそうではないだろうと思いますし…。

今年も去年同様落ちなければいいという立ち位置です。

って事で今年も一昨年までの観戦ペースで水戸通いをするつもりですので、
次戦現場参戦は今のところ未定です。5月連休明けくらいからぼちぼち行くつもりですが…。
ストレス貯めてまで観るものでは無いと思いますし、
古典芸能、演劇、演芸、ライブ等と比較して行きたいと思うものを優先したいという考えです。
まぁただ夏はアウェイ含め色々背伸びしたいとも思っていますが…。

今年もこんな感じになりますがあらためまして水戸界隈の皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で昨日の第二次栃木遠征レポです。
去年もこのカードでは敵地で勝利と、ここ数年の相性も良かったので、
勝てるかなと思い、この後記事にする予定のCittyワンマンライブとの昼夜遠征を決め、






久しぶりの北関東ライナーで宇都宮を目指しました。
って事で感想に参りましょう。





結果は見ての通りの引き分け。武蔵選手負傷交替後明らかにゲームの流れを失ってしまいました。




武蔵選手交替で出てきた三島選手が存在感を失っていたのが残念でした。


客動員も5千には届かずじまいで、栃木も勝ち点1を確保したとは言え危険水域を抜け出した状況でも無く、
群馬も含め北関東三県、あらゆる面でまだ道半ばだなとあらためて思った次第です。


行き帰りはシャトルバスだったんですが途中鬼怒川を渡るところがありまして、
決壊越水には至らなかったものの河川敷にはあちこちその痕跡が残ってまして、
あらためて今回の豪雨被害の大きさを感じ入った次第です。


って事で大宮までは新幹線、そこからは在来線と地下鉄経由で外苑前、
Cittyワンマンライブを目指しましたが、これにつきましては次項にて…。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ