プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「ナイトスターリリー(阿部佑也さん・片山遼さん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で一昨日夜のレポです。
下北から新宿経由で池袋へ。


夜の部の人となりました。客席も札止めとまでは行きませんでしたが当日券含めかなり埋まってまして、
ひと安心しながら開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。




二十面相の暗躍と秘められた過去、そして黒蜥蜴誕生までを描いた物語でして、
主役の緑雪コンビに春本由香さん貴城けいさんの両名も主筋に絡んでくる流れでして、
硬軟織り交ぜたエンタメ作品として成立していたように思えましたね。


6月の新派公演も当然期待して待ってようと思える内容でした。


って事でこの日は鉄路にて帰路となり、何度目かの都心遠征幕となりました。
年度も変わり、色々と私も頑張っていこうと思う次第です。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:舞台・演劇


って事で昨日の昼夜演劇連戦昼の部からです。


いつものように昼前に都心入り、そのまま茨城マルシェに向かい昼。
その後山手線経由で渋谷→下北沢へ。駅前劇場の人となりました。
って事で感想に参りましょう。


働き方改革と企業不正、そして親会社子会社、下請けなど、


今回も私が一昨年見た角栄モノ同様にじわじわ響いて来る作品だったと思います。
アフターイベントでも代表さんが言われてました。ラストの部分、そしてそれに付け足した部分、
確かに綺麗な終わり方じゃ無い方が良いと思いましたし、
そこから先の二人のそれからはどうなっていくのかなぁと、次の行き先であった池袋に向かう電車の中、
ずっと考えていました。
(私もアマチュア二次創作メインですが一応物語作りでもありますので)
本筋はラストにもあった通り古巣からの妨害で国内での販路を絶たれ、
二人の所属部門のみ国外(って言いますか某大陸)の財閥に売られるという事になり、
結果的に海外に討って出て起死回生の大逆転を成し遂げる、
その過程を朝ドラのように綺麗に書くか、それともJACROW定番の『実録』路線で書くか、
(あくまで『実録』路線で有り百パーセントリアルでも無いのは言うまでもありませんが)
そんな『実録』路線だったら、技術的に成功して行くのと並行して、
袖の下等で当局に取り入り、古巣の現地法人及び及び当局首長派と反対する派閥勢力を一網打尽にする形で、
策略をかけてそれこそ現地法人トップに就任していた次長から部長になっていたあの人物を縄にかけ、
当局側証人兼、現地財閥企業技術顧問と言う形で留置場で再会する元主任、
『本当はあの女キツネをそこに入れたかったんだがこっちはアンタでも構わん。』
なんてのもあるかなぁ、なんて事を考えたりしてました。

ともあれ、組織内での人の立ち回りというのは、それこそ秦の始皇帝の頃からあったわけでして、
こういうのもこれからも何らかの形で続いていくんだろうと思えましたね。

アフターイベント終了後、そんな主任役だった狩野さんに挨拶、
今後の事も色々伺いまして、


一昨年上演の『夕闇、山を超える』のDVDを購入し、次の目的地池袋に向かいました。

年末、その『夕闇、山を超える』の再演及び角栄モノの新作上演も控えているようですし、
またJACROWの客席に居る事が出来ればと思っています。
| BLOG TOP |
サンクリ2018Spring参加された皆様お疲れ様でした。
次回イベント参加予定はなのは系ですと春リリマジ(現時点未申込)、
あとは合否待ちですが再来月(5/4)スパコミ2日目申込み済みでして参加予定しています。
今後も状況分かり次第当ブログにて告知させて頂きますので、
以上、当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)




去年の秋は、春先に水戸に関わる人達が見たであろう『夢』の代償を見させられる羽目にもなっていました。
私の去年ラストだった長崎戦、そして私は別件で上京し不在だったホーム最終山形戦は、
まさに『やろうしていた事を逆にやられた』的な負け方でもありました。
そしてオフの選手の大幅な入替、不安になった人も少なくないと思いました。
私も、降格圏とは行かないまでも苦しみそうかなと思ってましたね。


先月の鹿の国とのプレシーズンマッチ、サンドバッグ状態と覚悟して向かった先で見たものは、


とりあえず、守備はさておき点が取れそうなチームでした。
ただ、その後のキャンプ中の練習試合含め、格上格下問わず失点が多く、
守備面がどう構築されていくかが気がかりでもありましたが。
そして開幕戦、




前半セットプレー時にヒヤっとした場面はありましたが、徐々に流れを引き込み、結果的に完勝でした。
そして真価は問われる形になった先週の敵地での千葉戦、


猛攻をしのぎきり何とか引き分けに持ち込みまして、
今年はやもすれば去年よりも戦えるのかなと、こうして『夢』は続いていくんだろうなと思っています。

長谷部監督、当然評価も上がっているように見えますが、
もしかしたら長谷部監督自身も、『個人昇格』を狙っているのかなと思ったりしてます。
哲二さん、ガヤさんは少なくとも、『昇格』では無い現状ですし、
むしろ野心がある人が来た方が面白みはあるかなと思っています。


今年も、毎回毎回という訳には行きませんが、見れるときは、色々観ておくつもりです。
『夢』の行き先がどこになるか、これからも見届けるつもりですので…。
| BLOG TOP |



来週のサンクリ2018Springにつきまして、
スペースはA2.3ホール、P26aにて頂いておりますが、発行物ご案内です。
また、この記事を来週サンクリ終了まで当ブログトップ記事とさせて頂きます。

当日新刊
『君が居てくれて』表紙
君が居てくれて 単価400円

去年秋リリマジ発行の『君と行く秋の街』、


昨年末C93発行の『君と聴く鐘の音』に加え、
書き下ろし新作『君が居てくれて』を加えての3作での発行となります。
今回もおみのさんに表紙及び各話挿絵をお願いしました。
春以降の予定も考慮し、ここで作品集出す事としました。
皆さんどうぞ手に取って頂きたく願う次第です。

既刊分
C92新刊表紙
今すぐ君に 400円
君のそばに 表紙
君のそばに 400円
海鳴は今日も晴れている 表紙(戸波奏さん)
海鳴は今日も晴れている 400円
『君の空』表紙
君の空 300円
『二人のままで』表紙
二人のままで 400円
目の色とアホっ毛のあるなしで1.5表紙(当日は白黒二色となります。)
目の色とアホっ毛のある無しで 1.5 100円
目の色とアホっ毛のある無しで(完全版) 表紙と裏表紙
目の色とアホっ毛のある無しで 400円
その他既刊物雑文集持ち込むかもしれません。
以上、当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。