プロフィール

さとうのりよし

Author:さとうのりよし
日産スタジアムから東新宿真昼の月夜の太陽、
東京ドームからラゾーナ川崎プラザソル、
歌舞伎座・演舞場・国立劇場(大・小)・コクーンシアターから
世田谷パブリックシアター・青山円形劇場、新宿末廣亭まで、
ありとあらゆるところに神出鬼没します。
あと、中小のイベントにも参戦しています。
イベントの際のサークル名は、
『春待気流』で参加している事が多いです。
あと、会社員もしているようです。(汗)
歌舞伎は大播磨(中村吉右衛門丈)、
落語は林家正雀師匠、
講談は神田愛山先生、
プロレスはバチバチ(池田大輔選手)と、
質実剛健かつ誠心誠意、
スタンダードなスタンスを是としますが、
時折毒吐いたり悪態付いたりするのはご愛敬?
って事でよしなに願います。
二郎のホームフィールドは神保町、
中本は御徒町メインです。
当ブログは
「春夏秋冬(2010年11月以降は東新宿『真昼の月、夜の太陽』で開催されるライブイベント)」
「MILDS(武花正太さん)」「サトウリュースケ(佐藤竜輔さん)」「高橋徹平さん」
「sallie(吉田小百合さん・新井沙織さん・菊井健宗さん・武花正太さん・武井達郎さん)」
「momo(高橋勝さん、烏山亮さん、折井正光さん、しみずあすかさん)」
「Citty(グミさん、けんたろうさん、岸田小石師匠、森亘さん、)」
「全力少年」あらため「世界少年」(鯨井春樹さんと吉田悟さん)」
「同心円」(高橋晃さん、竹内 洋平さん)
三輪美樹生さん、
片山遼さん、
関隆浩さん、
原口誠さん、
in state(三輪美樹生さん、はるおさん、安藤乱さん、タカイテツシさん)を
応援します!
自画像欄に写ってますのは飼ってた犬さんです。
(2006年他界)


最近の記事


最近のコメント


リンク


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


カウンターみたいです。


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


フリーエリア


RSSフィード


DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で今日昼間の水戸戦レポです。


水戸市植物公園に車を停めて、徒歩で向かういつものパターンで、




私にしては珍しくスタグルに手も出しつつ試合開始を待ちました。
って事で感想に参りましょう。



序盤すぐに先制しますが、




その後は徐々に防戦気味になり、


後半は…、


ほぼやられっぱなし。船谷選手投入で若干流れを戻すも、
やはり守勢に回る事が多かったかと思います。




ともあれ、何とか逃げ切っての勝利。
特に東京V戦での負け方が気になっていたので、これをきっかけにして頂きたいと思います。


今後も生き残り、生き延びていくために、来週も何がなんでも勝ち点を取りに行く、
そんな水戸戦士達の戦いを期待しています。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:音楽(ライブ観戦含む)


って事で先週のKSLリリースツアーファイナルワンマンレポです。




早めに柏入りし、下見もした上での会場入り。




そして開演を待ちました。って事で感想に参りましょう。


ソロ弾き語りも含め、ツアー初日のループとはかなり違った味付けである事は私にも理解出来ました。
何度か思ったのはステージング、楽曲の『巧さ』で、
ただ夢を追うだけで無く、時には過酷な姿を見せたであろう音楽の世界の中で、
生き抜いて、生き残って、夢を繋ぎ、夢を積み重ねて来られた、
祐也さんと遼さんのここまでの歩みとこれからを示した2時間強だったと思います。




例え仙台支社プロジェクト採用だったとは言え、フリーのミュージシャンが
JR東日本のテーマソングに楽曲起用されていたと言うのも、
ジャニ系への曲提供実績もそうですが、祐也さんの夢を積み重ねた形の中のひとつだと思いますし。
私も去年師走のツアー初日の後、色々ぐぐりましたが10年前の頃は大変だったろうなと思いましたからね…。

そして終盤には今後の報告も。




八月の遼さんワンマンと九月祐也さんフルアルバム発売とレコ発イベの告知があり、
二人ともここからもっと先に行けるポテンシャルを持たれていると思いますので、
少なくとも日曜開催の八月は行くつもりですし、九月も何とかしたいです。

特に八月は何人か誘ってみますか…。
ともあれKSLのお二方、メイン層は女性の方ですし私は客席後方で控えながら、
今後も行けるステージは実際に行って応援して見届けたいと思います。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


って事で先週土曜の水戸レポです。





梅まつり開催中の水戸、この日は常磐道水戸IC、下り線で出口渋滞が発生していた事もあり、
万全を期しての北関東道迂回してのケースタ入りでした。




って事で感想に参りましょう。



公式ハイライト動画では得点シーン中心でしたが、向かい風だった前半はほぼ攻められ続け、





橋本のゴール以外はあまり見せ場自体も少なかったと思います。


後半も序盤は攻められっぱなしでしたが、

二点目で完全に水戸に流れが行き、あとは一方的なペース、


最終的には4-0での勝利となりました。


三点目、そして後述します四点目の時点では金沢側の緊張の糸が切れたのがメインスタンドでも分かるほどでした。
でもいつこういう状況になるか分からないのもチームスポーツの怖さの中の一つでもありますので、
勝てるときに勝ち、点を取れる時に取って置く事が後々役に立つとみていますので、
特に同情とかは無しで見ていました。そして…。


紆余曲折あって水戸に帰ってきた橋本選手、
決して凱旋とか、そんな雰囲気で無い事も分かっていましたが、やはり動きからして違いがありますね。

この前田大選手のゴールでも絶妙なパスを出していたのは橋本選手ですし、


この後のコーナーキックでもゴールを直接狙うような魔弾を放つなど、
久しぶりに勝敗抜きにしてでも観たい選手が水戸にやって来たと思っています。

今度の週末は行けそうも無い感じですが、月末のホームは何とかしたいですね…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:スポーツ(ライブ観戦含む)


昨日も見ての通りの完敗でしたが、


まぁ今年も落ちなければいいかなと言うスタンスです。

元々サッカーメディアや一般ブログ等の前評判は毎年低いですし、
昨日は鹿の国はまさかのほぼフルメンバー、控えも出し惜しみ無しのほぼガチモード、
まぁコレは来週のゼロックス杯の準備でもあった事はあるでしょうけどね。
J2の場合は戦力差が露骨な感じでもありますから、
上位相手には引き分け以上、同クラス相手では何とか白星を取って勝ち点を積み上げる、
それしかないかと思っています。

過度なインフラ負担を強いる今のクラブライセンス基準を何らかの形で変更して頂きたい、
それよりも財務基準や有料入場者数の基準を明確化させて欲しいですね。
(インフラ基準を緩和させる代わりのバーターとしての財務基準と有料入場者数厳格化でもいいです。)
そう言う意味ですと、水戸の場合は設立当初の市当局との確執も、
(当時の社長と市長のそれぞれの競技母体と言うレベルではなく、『俺が一番だ』『なんで挨拶が無いんだ』とか言う、個人的な『好き嫌い』で決めるお山の大将的な感覚だったと思います。)
代表的なのがこの方御存知家元談志師匠、弟子の談之助師が書いた本の感想記事をご参考までに
過度にインフラ等を地域社会に依存して来なかったと言う点では今となってはかえって良かったと考えています。
愛媛の粉飾騒動や栃木の経営危機の際、
冷ややかな視線(特に栃木は英文字系ポータルサイトのコメント欄)があった事も私は覚えてますので。
無関心が敵意に変わった時の恐ろしさ、それは心のどこかで考えておいた方がいいと私は思います。

昨日もファン比率では甘く見積もって4-6、厳しく見れば3-7で鹿の国でしたからね。
駐車場の埋まり具合と観客数が一致しなかったのは鹿の国のサポ数が多かった裏打ちでもあります。

あと、私の場合、観に行った際は相手側の選手も良かった点があれば何らかの形で覚えておくようにしています。
昨日は、




南の方のお隣さんから今年鹿の国にやって来たGKクォン選手の動きが良い意味で目に付きました。


鹿の国の方のツイで昨日の先発GK決まった時点で悪態ついてた人が居ましたが、
例え南北のお隣さんだったとしてもいい選手のいいプレーは見ておくべきですし、
育成に関しては特にお隣さんの選手は代表クラスになりますとフィジカルも強いしセンスもある好選手が多いと思いますので、
特にフィジカル面では去年まで水戸だったジュフン選手もそうですが、
南米欧州の選手に当たり負けしないタフさもあると見ています。

ともあれ、私の場合は開幕戦、親戚の手伝い普請での欠席確定で2戦目からになりそうですが、
今年もゆるりと観るようにします。折角チケ代ガソリン代諸々出しての水戸行脚、
勝ち負けもさることながらとにかくいいプレーを観て満足して帰りたいですからね…。
| BLOG TOP |
DATE: CATEGORY:旅行・遠征記


って事で年末年始遠征記です。
まずは年末の東京遠征から。C91初日の一般参加後、恵比寿のAIMに行く前の時間帯、


大学後輩でもあり友人でもあります月天さんとの夏冬サシ呑み、浅草橋同志會を開催してました。
私はまたも無意識のうちに、『生きるも地獄、死んでも地獄、天国なんてどこにもないかもな…。』
と口にしていました。
でも、私もまた、

俺コワの名曲、夢のおわりの一節にあります、『天国のドアを蹴りやぶって』ここまで来たつもりですし、
私及び私の周囲で、色んな夢が潰え、色んな夢が消えて行きましたが、
私自身の夢の続き、これからも何らかの形で追いかけていくつもりです。
生活環境に変化が生じ、金銭的な制約も増えてしまいましたけどね…。
オリジナルの活動を制限せざるを得ない状況になってしまった主要因でもありました。
今自体、家に帰ってあまりキー打ちする時間を設けていないので、そこから何とかします。
明日の夜からそうするつもりです。


ってことで先々月末、C91の3日目私共のブース来場頂きましてありがとうございました。
今はもう、何と言いますか、『よそいき』の作品ですし、その中でどういう方向性を見いだしていくか、
それはもう自分自身との向き合い、そして作品としての出来映え、
見て頂けるものとして、これからも色々考えて取り組んで行きます。
アルミンユーノシリーズの二作目は発行は夏以降にずれ込みそうですが、
こちらも何とかするつもりです。
映画版に関しては基本様子見です。あちらさんサイドのユーザーが他作品に流れていったってのも
何か因果めいたものを感じてしまいますね。
まぁ、私の場合ですと、04年秋からの放映開始時、05年秋のAS放映時は上京の度にすくすくさん宅で、
リリカルパーティも新木場開催から言ってましたし、
09年初頭の現制作体制移行からの流れもだいたい見届けてきましたが、
所謂深夜アニメの世界からは4・5歩距離を置いた今のポジショニングで今後も見届けるつもりです。
GLBLの皮を被ったキャバクラ・ホストクラブ的なモノが増えている事も確かですからね。
応援はしてはいますが、一人のキャラの扱いが良化する可能性はさほど高くない現実も分かっているつもりですし、
実り無き、実り少なきものに私自身の金銭的精神的なリソースを注ぐほどお人好しではありません。
他に楽しめるジャンルはある訳ですからそこにシフトしていくだけの話です。
私の中の期待度を例えて言うならば、同じ見届けモードの中ですと、
J2の水戸ホーリーホック→ユーノ→埼玉西武ライオンズ(を実質支配の某銀行団)の順かなと。

そういや私が年末ありの先生宅にてAmazonプライムで最終話見てタップしました某アニメ、
あれだけあの界隈でセンセーションを起こしてますが一般向けでの露出は驚くほど控えていますね。
去年逝去された講談師神田陽司先生の生前最後のツイートではありませんが、
『陽に当てすぎるとヤバい』事を制作側も分かっているんだろうなと。
そこが陽司先生が指摘されたあの作品との違いかなと思いますね。




そして先々週、鶴川2DAYS遠征を行いましたが…。
一番狙っていたある銘柄が私の一つ前の方で売り切れになってました…。
これもまた人生と思いますし、その銘柄も以前よりは入手しやすくもなってますので、
これに懲りず色々やってみようと思います。
後ろの方の番号の引き替えまで見てましたが、日本酒が先に全対象銘柄売り切れたせいか、
権利辞退していく方も複数名居られました。これもまた時代の流れかなと。


そしてまた夏に向けてのスタートとなります。5月リリマジまでサークル参加はお預けですが、
色々ネタ作りは進めていこうと考えています。休止してた幾つかのシリーズも随時再開させますので、
気長に待って頂ければ幸いです。

以上、私共『GALSパラダイス』、『春待気流』、
当ブログ及びテキストプロジェクトとしての
『情熱一途』を、皆様宜しく御願い致します。
| BLOG TOP |

copyright © 情熱一途 all rights reserved.Powered by FC2ブログ